05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

テンプラ提督の航海日誌

役者不足の提督が右往左往する日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

太平洋行進曲 

YouTubeに上がっていた動画の翻訳があんまりにも非道いので、自分なりに訳してみました。

あ、そこはかとなくフィッシュ&チップスの香りが漂ってるかもしれませんが、そこは笑ってくださいませ。逐語訳なんかイマドキ、パソコンに任せれば良いのです。心まで伝える(少なくともその努力をする)のが、人の手による翻訳なのです。

1.
海の民なら男なら
As a man, brought by the sea,
みんな一度は憧れた
we yarn for the lives
太平洋の黒潮を
on the waves of the Pacific Ocean
ともに勇んでゆける日が
with brave company.
きたぞ歓喜の血がもえる
And it's the day, how it jubilant!

2.
今ぞ雄々しく大陸に
Now we are dare to build
明るい平和築くとき
a peaceful age on the Asia.
太平洋をのりこえて
Beyond the Pacific Ocean,
希望涯ない海の子の
our hope do not have bounderies,
意気を世界に示すのだ
yes, that is our spirits!

3.
仰ぐ誉れの軍艦旗
Look up the noble ensign, the rising Sun!
舳に菊を戴いて
Having the mark of his Imperial Majesty on the bow,
太平洋をわが海と
our ships go on the Pacific Ocean.
風も輝くこの朝だ
Now we get a good wind, and let us make
伸ばせ皇国の生命線
the lifelines of Japan longer and longer!

4.
遠いわれらの親たちが
Our brave ancesters
命を的に打ちたてた
lisked their lives to get
太平洋の富源をば
the resources of the Pacific Ocean.
さらに探ねて日本の
Now we get it more and more,
明日の栄えを担ふのだ
to make Japan more prosperous!

5.
潮と湧き起つ感激に
The tidal waves of delightfulness
しぶきをあげて海の子が
make us full steam onto
太平洋の船脚を
the Pacific Ocean with alined ships.
揃へて進むひびきこそ
The growling of the turbines are
興るアジアの雄叫びだ
the battle roars of the Asian people!
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/18 Thu. 00:14 [edit]

category: 軍歌演習!

TB: 0    CM: 0

18

軍歌演習! 

♪出(いで)て行(ゆ)く人、送る人
 言葉はなくて手を握り
 別れを告ぐる真夜中に
 マストの上の星寒し

豊田穣さんの『四本の火柱』でとても印象的に引用されていた軍歌ですが、YouTubeとWikipediaの御時勢でもなかなか判りませんでした。で、やっと見つけました。「決死隊」という歌だそうです。



やっぱり、YouTubeなのでした。

偶然、阿川弘之さんのエッセイに引用されていた一節もこの曲と判りました。当時は良く歌われていたようですね。

Posted on 2014/08/21 Thu. 21:25 [edit]

category: 軍歌演習!

thread: 昭和の歌謡曲  -  janre: 音楽

TB: 0    CM: 0

21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。