08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

テンプラ提督の航海日誌

役者不足の提督が右往左往する日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

龍驤就役 

甲板のデカールをどうしようか思案中ですが、とりあえず完成です。飛行甲板には震電改と流星改が並ぶ艦これバージョンです。

龍驤

飛行甲板で難渋していましたが、ついにキレて一旦シンナーで全部塗装を落としてから気合い一発で塗り直しました。

素組みで必要なのは気合いと集中力ですね。

鹿島はちょっと停泊中。やはり「萌え」がないと燃料不足になるようです。
スポンサーサイト

Posted on 2015/03/15 Sun. 13:44 [edit]

category: 1/700艦隊これくしょん

TB: 0    CM: 4

15

困惑中。 

amazonから香取型のキットが一斉に姿を消しました。

まぁ、予想の範囲内です。香取は出遅れましたが、鹿島と香椎は確保しました(←お前も加担しとるんかい)。

で、第101戦隊と第102戦隊を再現しようと思ったのですが、香椎のキットは大戦末期ではないんですね。しかも、舷側の高角砲用の張り出しがないので、対潜掃討艦になった香椎を再現するのは鹿島のキットを使ったほうが良さそうです・・・そこで鹿島を注文しようとしたら、既にamazonの在庫が尽きていました。

ここは一つ、欲張らないで、鹿島は海上護衛総隊の旗艦として松型や海防艦のあれこれを率いて貰うことにしましょう。で、香椎のキットで開戦直前の香取を作ればよろしかろう、ということで。

さっそく、鹿島の船体を組んで下塗り。ただいま乾燥中です。

鹿島

数々の軽巡、駆逐艦を産みだしたこの船台ですが、さすがにこの船幅はちょっと・・・残念ながら、これまでの駆逐艦(しかも、開戦直前のあっさりした武装)と違って手間取りそうです。

Posted on 2015/02/25 Wed. 19:26 [edit]

category: 1/700艦隊これくしょん

TB: 0    CM: 3

25

初雪です・・・よろしく。 

というわけで、珍しく素組みじゃない初雪です。

特型2隻

手前右側は初雪。タミヤのキットをベースにしました。手前左側がピットロードの素組みで白雪です。

むかし作ったキットをただ処分するのは嫌で、余ったパーツでなんとか再生できないかと悪あがきした結果がこれです。艦橋を自作したのは失敗だったかもしれませんね。結局、元からある部分は船体の他、後檣だけ・・・まぁ、特型III型を作るときの良い練習になったかもしれません。その時の艦橋はピットロード社のパーツが確保してありますから、これほど苦労しないと思います。

上空から

まぁ、立って見下ろす分には十分な出来です。

で。

由良から始めて軽巡4隻、駆逐艦12隻ができました。

全員集合

前列が3水戦、後列は由良、夕張、阿武隈以下の1水戦+第1駆逐隊です。

で。

しばらく日本を離れて外国(米英)のフネを造ります。嫁さんが迷彩なフネをご所望で・・・日本のフネは迷彩にしたくないんですよね。

Posted on 2015/02/20 Fri. 19:10 [edit]

category: 1/700艦隊これくしょん

TB: 0    CM: 4

20

やっと会えた! 

もちろん素組みもやってるわけで、陽炎型一番艦、陽炎が完成しました。

陽炎

アオシマのキットを何も考えずに素組み。何も考えずに塗装した結果・・・最近、駆逐艦の後マストは全部軍艦色なんですって? ええと・・・まぁ・・・どうしましょうね? キット自体もだいぶ昔に買った物で、箱についてた値札が新宿の「さくらや」。

合掌・・・時代を感じます。

実は秋月型2隻も同じ時代からずーっと積んであります。さっさと作りましょう。

ただ、ほんの少しディテールアップはしてまして、艦尾に爆雷投射台を6基、その上に爆雷を1基ずつつくりました。それと、艦中央の25ミリ連装機銃ですが・・・寄って見てくださいませ。

25ミリ連装機銃

おっと、ピントが向こう側のほうに合ってました。

キットに入っていたものを使ってます。ただし、「横に潰れているマガジン」と思われるところをエッチングソーで切って、さらにカッターでそれらしいサイズに削って修正しました。

あんまりリアルなのを持ってきても全体のバランスが崩れますし(おカネもかかりますし)、ピットロード社の解釈というか、デザインというかも気らないんです。嫁さんも「何このバッタ?」と言うほどですし。

Posted on 2015/02/16 Mon. 13:52 [edit]

category: 1/700艦隊これくしょん

TB: 0    CM: 0

16

神風と波風が竣工。 

神風型の神風(手前)と改峯風型(むこう)の波風を作りました。

神風

神風はハセガワの「三日月」のキット(素組みしたのは20年以上前)を改造しました。艦尾のモールドを削り落として、機雷敷設軌条はエバーグリーンの「I」なレールを切って、片側の出っ張りを削っただけ。ね、簡単でしょ?(CV:ボブさん) 爆雷投射装置と爆雷はピットロードの何かの残りです。

艦首も削って形を整えました。ハセガワの設計が良かったおかげで、艦首甲板のモールドがそっくり生き残りました。

マストと煙突はピットロードの特型の残りパーツから流用です。主砲は「野風」の残りと、「秋風」(いずれ汐風を作る予定)の残りです。

艦橋は自作しました。本当はキットのものを残したかったのですが、野風のキットと並べるとそこだけ目立つので、やむなく。

一方、波風はピットロードの「野風」のキットをほぼ素組み。

波風

第2煙突脇のダビットだけ、キットのものがあまりにも「戦時急造型」っぽかったので、「武装セットII」のものに変更しました。根拠はありませんが、気分の問題です。

並べてみると、準同型艦と言って良く、実際に同じ第1駆逐隊で活躍し、しかも大戦を生き抜いた両艦がしのばれます。ただ、さすがにハセガワのキットの煙突周りのリサーチミスが痛いですね。デザイン的には優れていますが、重さと機能を考えれば無駄があるので、ピットロードの煙突周り(煙突の間は独立したデッキハウス)が正解だと思います。とはいえ、「艦これ」未実装故のあおりか、市場にキットがほとんどないのが、艦隊派には困ったところです。

潔く睦月型、神風型もピットロードで揃えるか、この2隻をなかったことにしてハセガワのもっと少ない改装(主砲、煙突、マスト、艦橋はそのまま)でごまかすか・・・微妙に頭痛のタネになりそうです。

Posted on 2015/02/09 Mon. 18:48 [edit]

category: 1/700艦隊これくしょん

TB: 0    CM: 4

09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。