08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

テンプラ提督の航海日誌

役者不足の提督が右往左往する日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ハセガワが天龍田をリメイク 

嬉しいですねぇ。

http://www.1999.co.jp/blog/img/20140926hobbyshow32.jpg

見た感じ、考証もかなりしっかり入って、しかもイマドキ仕様だったら大歓迎です。古いのしかないならフルスクラッチだよなぁと諦めてました。

特に気になっていたのが艦橋で、球磨多摩に似た司令塔付きの羅針艦橋だったんですよね。もちろん、画像を見る限り、そこもきっちり再現されているようです。

古いキットの修正予定点は

1.舷側のモールド削除
2.甲板のリノリウム押さえ、頑張ります
3.艦橋は全面スクラッチ
4.マスト全取っ替え
5.兵装も全取っ替え
6.そこまでするならボートとダビットも
7.そうそう、艦尾の機雷投下軌条も再現しないと。あ、爆雷も。
8.あー、なんかデッキハウスの上とか機銃座のまわりとか、変なモールドあったよね・・・

と、記憶に残ってるだけでも盛りだくさんだったんですねぇ。リノリウム押さえをパスしたとしても、キット買うのもったいなかったです。いやぁ、めでたい。

集めたパーツ、どうしよ(白目
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/30 Tue. 21:51 [edit]

category: 1/700艦隊これくしょん

TB: 0    CM: 10

30

6-1攻略 

大鯨、大淀(with零観)、潜水艦四隻で、1回でボスまで到達。味方全部中大破、敵ほぼ無傷で突入した夜戦で伊401さんが決めてくれました。

結果は「戦術的勝利」

それでもこれで6-2に進出できます。

2-2や2-3で輸送船狩りをしてましたが、6-1もなかなか良さげですね。

それにしても、「間宮チェッカー」が使えなくなったのは痛いですねぇ。

Posted on 2014/09/30 Tue. 14:07 [edit]

category: 艦これ航海日誌

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~  -  janre: オンラインゲーム

TB: 0    CM: 0

30

3-5が難攻不落。 

重巡部隊のレベルが低いようです。それより低い駆逐艦も無理そうです。

うーむむむ。

というのは、ビスマルクにさらなる改造ということで、「つばい」にしないで放置してたのをナントカしようと勲章集めを始めました。1-5、2-5を落として、イベントの残りと合わせて3つ。あと1つなんですね。

先に5-5にでもチャレンジしてみますかねぇ。

Posted on 2014/09/24 Wed. 20:40 [edit]

category: 艦これ航海日誌

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~  -  janre: オンラインゲーム

TB: 0    CM: 4

24

うちの龍驤さんがグレました。 

みんながイジるから・・・グレてソリ入れちゃいましたよ。艦首に。

焼きそばパン買って来いや、あん?

第2次改装後の羅針艦橋はずいぶん小型化してたんですね。あのサンバイザーはそれ以前のものかも。

それにしても、最近のキットの出来の良さから慢心していたら、案外パーツの合いが悪かったり、小物の出来が悪かったりで、手こずってます。艦首は私の合わせ方が間違っていたようで、1mm強上がってしまいました。無理に力業で戻すよりは、とプラバンを敷いて整形しました。

この他、高角砲は静岡模型協同組合のもの、機銃はピットロードのものを使っています。光学兵器はあり合わせでなんとか^^;

羅針艦橋は初めてのエッチングパーツ。便利ですねぇ。とはいえ、他のフネとのバランスを考えると、プラバンで裏打ちして、他と同じ処理をしようと思います。

Posted on 2014/09/18 Thu. 09:57 [edit]

category: 1/700艦隊これくしょん

TB: 0    CM: 4

18

太平洋行進曲 

YouTubeに上がっていた動画の翻訳があんまりにも非道いので、自分なりに訳してみました。

あ、そこはかとなくフィッシュ&チップスの香りが漂ってるかもしれませんが、そこは笑ってくださいませ。逐語訳なんかイマドキ、パソコンに任せれば良いのです。心まで伝える(少なくともその努力をする)のが、人の手による翻訳なのです。

1.
海の民なら男なら
As a man, brought by the sea,
みんな一度は憧れた
we yarn for the lives
太平洋の黒潮を
on the waves of the Pacific Ocean
ともに勇んでゆける日が
with brave company.
きたぞ歓喜の血がもえる
And it's the day, how it jubilant!

2.
今ぞ雄々しく大陸に
Now we are dare to build
明るい平和築くとき
a peaceful age on the Asia.
太平洋をのりこえて
Beyond the Pacific Ocean,
希望涯ない海の子の
our hope do not have bounderies,
意気を世界に示すのだ
yes, that is our spirits!

3.
仰ぐ誉れの軍艦旗
Look up the noble ensign, the rising Sun!
舳に菊を戴いて
Having the mark of his Imperial Majesty on the bow,
太平洋をわが海と
our ships go on the Pacific Ocean.
風も輝くこの朝だ
Now we get a good wind, and let us make
伸ばせ皇国の生命線
the lifelines of Japan longer and longer!

4.
遠いわれらの親たちが
Our brave ancesters
命を的に打ちたてた
lisked their lives to get
太平洋の富源をば
the resources of the Pacific Ocean.
さらに探ねて日本の
Now we get it more and more,
明日の栄えを担ふのだ
to make Japan more prosperous!

5.
潮と湧き起つ感激に
The tidal waves of delightfulness
しぶきをあげて海の子が
make us full steam onto
太平洋の船脚を
the Pacific Ocean with alined ships.
揃へて進むひびきこそ
The growling of the turbines are
興るアジアの雄叫びだ
the battle roars of the Asian people!

Posted on 2014/09/18 Thu. 00:14 [edit]

category: 軍歌演習!

TB: 0    CM: 0

18

金剛さんの紅茶事情。 

「艦これ」世界では世界中の海上輸送が寸断されている状態、つまり海洋国全滅、大陸国大勝利に見えて・・・実は大陸国も積み出し港から先がないのでやっぱり経済的にはやや遅れて沈没中と見られます。

で。

紅茶という嗜好品は現在では中国とインドだけではなく、コーヒーとほぼ同様の熱帯圏を中心とした地域で栽培されており、日本が海上輸送を断たれると、入手は絶望的な品目になります。同じ理由でコーヒーもダメ。

基本的に紅茶は紅茶用の木の茶葉が好まれます。緑茶用の木の茶葉でも作れないわけではないですが、味は微妙な結果になります(ウーロン茶っぽかったり、ほうじ茶っぽかったり)。とすると、日本に一番近い産地は台湾、マレーシア、インドネシアになります。このへんなら護送船団が組まれて、艦娘達が護衛してますから、なんとか入ってくるんじゃないでしょうか。

朧さん以外の誰かが吸気口に入れてこっそり調達してきているかもしれませんね。

ダージリンに酷似し、ヴィクトリア女王陛下に「オリエント・ビューティ」と言わしめた台湾茶が金剛さんのお手元に届いていると良いのですが、うっかり、中国産のラプサン・スーチョンなんかがスーパーの半額コーナーで発見されたら、鎮守府は大変なことになりそうです。ええ、さして広くない我が家ではもう・・・;;

ある意味、紅茶の原型をフィーチャーしたラプサン・スーチョンはスモーキーな香りが英国人に人気。これはたまたま廃棄予定の茶葉が炭焼き小屋の風下にあってそうなったのが始まりのようですが(諸説あり)、日本人の鼻にはまったく別の・・・そう、強烈なクレオソート=正露丸の匂いにしか思えないんです。

まぁ、そんなわけで、金剛さんとあきつ丸さんあたりの会話を想像してはニヨニヨしております。

Posted on 2014/09/17 Wed. 07:03 [edit]

category: 艦これ航海日誌

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~  -  janre: オンラインゲーム

TB: 0    CM: 2

17

「俺タワー」やってみました。 

えーと、これは「高層建築物を建てるに当たって近隣住民の反対派を工具や重機で鎮圧しつつ、物資・貴金属を略奪するゲーム」ということでよろしいでしょうか(違

おれたわぁ

キャラクターは可愛いし、声優さんも頑張ってるみたいですが、どうにもそもそも工具や重機と慣れ親しんでいないので、微妙に世界観をつかめてないような。

ちなみにオヤカタ名は「山城」、塔の名前が「扶桑姉様」となっております。

Posted on 2014/09/12 Fri. 21:50 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 3

12

ルーズベルト大統領の過誤。 

アメリカ陸軍戦略研究所で出たレポートを読んでみました。


アメリカはいかにして日本を追い詰めたか: 「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦アメリカはいかにして日本を追い詰めたか: 「米国陸軍戦略研究所レポート」から読み解く日米開戦
(2013/11/21)
ジェフリー レコード

商品詳細を見る


ざっくり内容を言えば、

外交下手の民主党がやらかした=ルーズベルト大統領の過誤とその部下の暴走が日本政府を勘違いさせた

その過誤の内容は

1.米国の防衛上、その時点で特に必要の無い中国(国民党政府)に過度の援助を行った
2.日本に対する経済制裁が実際の戦争に匹敵する効果があることに気がつかなかった
3.覇権(を目指す)国家を相手にあまりに屈辱的で妥協の余地のない要求を行った

加えて、ルーズベルト大統領が奥の手として取っておいた最終的かつ決定的な「石油全面禁輸」を大統領がチャーチルと会談している間に部下が勝手に出してしまった、ということです。

日本の失敗(いっぱい挙げられている)について目新しいものはとくにありませんでした。

いずれにせよ、米国側にこのような報告書が出てくるというのはなかなか興味深いです。「艦これ」を始めて1年と2カ月。ずーっと考え続けてきた「なぜ戦争が起ったのか」を考え直す良い材料になりました。が、この本は「艦これ」を楽しむ上で極めて悪い影響が・・・こんなアホな理由で戦ったのか、沈んだのかと思うと、切なくてしんどいです。

この本に書いてなかったことで浮かんでくる新しい疑問点としては、民主党とその支持基盤が持つ中国での権益がどの程度のものだったのか、です。本書では大統領個人の思い入れと言うことになっていますが、それだけではちょっと弱いと思います。

そうは言っても2次大戦は専門じゃないので、和書で適切な資料が出てきてくれることを待ちたいと思います。

ああ、もう一つ弊害が。いかにも「ネトウヨ向け」な本がどんどん密林の「おすすめ」に載るようになってしまって・・・既に食傷気味です^^;

Posted on 2014/09/11 Thu. 21:05 [edit]

category: 書評

TB: 0    CM: 8

11

川内が完成しました。 

資料も買わず、キットを盲信してのストレート組みでしたが、たぶん、私のできるリサーチよりきちんとできてるんじゃないかと思います。

川内参上!

まぁ、艦首の形と煙突の高さくらいしか思い当たるところがないですし、艦橋が神通や那珂より1層低いなんて初耳ですし。艦橋が低い分、由良と比べても精悍で、いかにも夜戦が得意そうな姿です。2隻目の巡洋艦にして良かったです^^b

手こずったのはやはり体調のせい・・・イベントさえあまり真面目にできなかった(金剛型の出撃先をミスったせいでE-6のクリアができなかった)ほどですし。

川内と並行して龍驤の航空隊を作り始めていましたが、次は榛名(フジミ)を起工します。こりゃまた、すごいキットですねぇ。一応、ある程度の資料は揃えてありましたが、あまり必要なさそうです。それでも、しばらくはキットと資料をにらめっこですね。

あ、龍驤の航空隊は少なくとも2セット=開戦時バージョンと艦これバージョンを作るので、けっこう大変です。

「九六艦戦は脚が可愛いんやで、脚が」

ちょっと贅沢な甲板。

えーと。とりあえず、最初の4機ができてますが・・・あら、あらあら。

1/700は一旦、今月いっぱいで切り上げる予定なので、残りは龍驤(フジミ)、比叡(うっかり買ったハセガワ)、鳥海(フジミ)が作れれば良いなと思います。時間が余ればもちろん、阿武隈や那珂と条約型駆逐艦、神通と甲型駆逐艦を作りたいですね。

Posted on 2014/09/04 Thu. 12:06 [edit]

category: 1/700艦隊これくしょん

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~  -  janre: オンラインゲーム

TB: 0    CM: 6

04

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。