05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

テンプラ提督の航海日誌

役者不足の提督が右往左往する日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

おっそーい! 

修理にボーキサイトが要らない(?)ソードフィッシュ。



確かに遅いですねー。後ろについて銃撃しようとした戦闘機が失速&墜落したとかいう伝説も・・・速いだけではダメなのです。それと、案外静か。これ、対潜戦では重要ですよね。

あ、そうそう。映画「トラ・トラ・トラ!」に使われた飛行機ですが、さすがのWikipediaなのです。

本作撮影のため、米国製練習機のノースアメリカンT-6 テキサン[1]やバルティーBT-13を改造して、旧日本海軍の航空機が飛行可能な実機として再現された。機種は零式艦上戦闘機、九九式艦上爆撃機、九七式艦上攻撃機で、特に九七式艦上攻撃機はT-6とBT-13をつなぎ合わせて製作されるという念の入れようであった。日本機とは外観の大きく異なる米国機の中から、なるべくシルエットの似た機体を選び、更に現存する実機を大量に調達した上で、飛行に支障が出ない範囲内で大改造を施し、出来る限り“本物”に似せようと工夫を重ねたスタッフの努力は高く評価されている。

このへんは英語版より日本語版のほうが詳しいようです。米国ではアクションシーンが短くてコケたとか・・・しかもやられ役ですもんねぇ。そりゃー、米国の住民にはきっついですわ。

ところで、英語版では赤城役がUSSヨークタウンとされてるんですが、日本語版ではUSSレキシントンとされてます。どっちもエセックス級だそうですが、このへんの齟齬がWikipediaらしいかな、と。

ちなみに駆逐艦ワードは4本煙突型。撮影時に現役が残ってなかったんでしょうけど、爆雷投下シーンはさすがの本物。演じたのはUSSサヴェージで、これはEdsall級護衛駆逐艦85隻の1隻。第2次大戦中に発注されて全艦が戦争中に就役したそうです。1つ前がカノン級72隻、もう一つ前が映画「眼下の敵」出演(USS Whitehurst)で有名なバークレー型102隻・・・米帝さま、マジ米帝・・・。
スポンサーサイト

Posted on 2014/03/27 Thu. 20:18 [edit]

category: 艦これ航海日誌

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~  -  janre: オンラインゲーム

TB: 0    CM: 10

27

コメント

 

後ろについた戦闘機が失速墜落って都市伝説じゃないのかなぁ・・・失速しなくてもそこまで速度落としたら護衛戦闘機に叩き落されるって・・・・F-15イーグルのエアブレーキってコックピットの後ろにあるんです。展開したら後ろ見えないって苦情を出す人がいたけど「ミグが後ろについた時にブレーキ出す奴は死にたい奴だから問題ない」と一蹴されたそうな。

トラトラトラの当時の映画パンフレットには赤城はホーネットって書いてありました。さて、真相は如何にWW
洋上シーン用のミニチュアの赤城は発艦シーン用の本物空母と整合性合わせる為かアイランド右舷にあるのよね。気がついた?

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2014/03/27 21:32 | edit

 

実際に墜ちたかどうかは別として、ソードフィッシュの後ろにつくときはフルフラップ&脚降下が必須だったそうです。護衛の戦闘機がいたら大変ですね。いれば・・・;;

「パール・ハーバー」の実写では艦尾側に向かって離陸する荒技をやらかしたそうですけど、「トラトラトラ」の発艦シーンでは艦橋かどうかはともかく、甲板を見下ろす視点は右舷側だったような・・・? あとでDVD観てみましょー♪

URL | 雑木林提督 #- | 2014/03/28 15:58 | edit

 

>ソードフィッシュの後ろにつくときはフルフラップ&脚降下が必須だったそうです。

これ、WIKIが出展元らしいけど、その記事書いた人がソードフィッシュ大好きで、盛りすぎじゃね?その理屈だと、地面のトラック、戦車や気球撃つ時はホバリング必須になるぞ?鋼管布張りだから重要部分に命中しなければ無事だってあったけど基本飛行機はそうじゃね?
そもそもそれを鵜呑みにすると低速布張り最強で流星やスカイレーダーは不要じゃね?ってなるなぁ・・・・

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2014/03/28 18:10 | edit

Re: タイトルなし 

ええ、あのWikipediaを鵜呑みにすると、第2次大戦はソードフィッシュがあれば勝てます・・・って、各国の技術者の努力とは一体・・・なことになるので、たぶん伝説的なところが検証されてないんじゃないかとは思いますけどね。何だかステキだな、と思って信じることにしてます。

射撃は動くものを横から撃つのが難しいですから、どうしても後ろについて撃ちたいですよね。なので、空中でも止まっているか、動きが航空機に比べて極端に遅い(しかも逃げる方向が水平面のみ)場合はホバリングの必要は無いかと思いまする^^;

URL | 雑木林提督 #- | 2014/03/30 00:41 | edit

 

ん?後につくって速度まで合わせるってだけことじゃ無いでしょ。後ろから掃射しながら飛びぬけるんです。そもそも遅い飛行機なら後ろの位置につきやすいでしょう。ソードフィッシュほど遅ければヘッドオンで攻撃も出来ますし、その難しい側面攻撃もやりやすいですね。
ビスマルクの装甲配置もそうですが多数が採用していることは必ず理由があります。

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2014/03/30 09:04 | edit

Re: タイトルなし 

うむ。ちょっと調子に乗りすぎましたかねぇ。ごめんなさいです。

でもまぁ、ソードフィッシュって何かこう・・・夢がある機体です。何だろ?

URL | 雑木林提督 #- | 2014/03/31 06:39 | edit

 

ソードフィッシュに夢があるのは禿同です。きっとそれは私が書き散らかした理由のように本来活躍できるはずじゃない機体なのに超絶な活躍をしたことが大きいのではないかと。ビスマルクやタラントの戦果がターポンなら「あっそう」で終わってしまう可能性大ですもの。ちなみにドイツ軍も空母用に複葉艦攻作っていたのはソードフィッシュに憧れたのかもね。
相手が空母機動部隊を擁する海軍じゃなかったとは言えソードフィッシュだけじゃなく、QEクラス戦艦も使いこなした英国海軍はやはり英国海軍なのでした。

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2014/03/31 11:47 | edit

 

タラントがなければ、真珠湾もという発想は無かったかもしれませんねぇ・・・思いついてやってのけた英国海軍・・・やっぱり変態です><b

URL | 雑木林提督 #- | 2014/04/02 00:06 | edit

 

第一次大戦のときにすでに艦載機で引きこもりドイツ艦隊を航空攻撃しようとしていたのですから、英国海軍にとってはタラント空襲は格別突飛な作戦では無かったのかも知れませんねぇ・・・・
現代航空母艦三種の神器と言われるアングルドデッキ、蒸気カタパルト、ミラーランディング装置はルーツは英国海軍だそうですしね。
ちなみにミラーランディング装置に似ているものは日本空母に実用化して設置されていたことも忘れてはいけません^^b

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2014/04/02 01:02 | edit

Re: タイトルなし 

実地で試行錯誤する地道(なわりに予算は派手)な開発のたまものですねぇ・・・魔改造を重ねたハッシュハッシュ巡洋艦が「艦これ」でどう扱われるかがとても気になります><b

URL | 雑木林提督 #- | 2014/04/03 00:04 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://admiralzoukibayashi.blog.fc2.com/tb.php/113-a69ae757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。