09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

テンプラ提督の航海日誌

役者不足の提督が右往左往する日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

もしも金剛さんが英国海軍で近代化改装したら 

これでビスマルクにも勝つる!

やっと本当の私になれた気がしマース!

えーと、小ネタ(しかも英国海軍ヲタにしか解らない)で申し訳ありません。でも、金剛さんの装甲ならエグゾゼが当たっても調理室には影響ないと思うんです(軽巡のベルファストでさえ大丈夫って言ってました)。
スポンサーサイト

Posted on 2013/09/13 Fri. 18:43 [edit]

category: 艦これ航海日誌

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~  -  janre: オンラインゲーム

TB: 0    CM: 12

13

コメント

 

リアル金剛でもビスマルクには勝てるかもしれません。あれは沈まないんだけど戦闘能力喪失が異常に早い設計なので・・・・

URL | エリカ #nLnvUwLc | 2013/09/13 20:30 | edit

Re: タイトルなし 

小破でも光学兵器には被害甚大ですもんねぇ・・・今でも「カール・ツァイスのレンズ」といわれるとありがたく感じてしまいます。日本人ならオリンパス推しなハズなんですけど。

URL | 雑木林提督 #- | 2013/09/14 21:08 | edit

 

ちゃう。甲板装甲が喫水付近なので甲板装甲抜けなかった砲弾でもバーベッドその他を破壊するから砲撃そのものが困難になるんだ。ロドネイからの命中弾初期にあっさりと火力半減はそのせいらしい。ただしその装甲配置のために舷側装甲抜けても新たに甲板装甲抜かないと装甲内部に砲弾入らないのであれほどロドネイがつるべ撃ちしても沈まなかったんだ。

ん?アメリカドラマのCSIシリーズではカメラはニコンだよ?

URL | エリカ #nLnvUwLc | 2013/09/15 11:25 | edit

Re: タイトルなし 

ありがとうございます。なるほどー。

でも、あの状況ではムダ装備に見えても、戦闘不能でも沈まないのはドイツ軍艦の特徴で、味方が居ればちゃんと浮いたまま帰れるんですよね。英国の巡洋戦艦が何かと爆沈しちゃうのは、これもまた特徴・・・。

URL | 雑木林提督 #- | 2013/09/15 20:32 | edit

 

100のダメージに耐えられても10のダメージで戦闘不能になる戦艦は10のダメージしか耐えられないが沈む瞬間まで戦える戦艦と同じ価値しかないって考え方もある。何故なら浮いていても戦闘不能にした相手が目の前にいたらそれを振り切れないから。そうなれば軽艦隊の魚雷攻撃にさらされるだけ。そう思うからドイツ以外は新戦艦や改装戦艦の装甲の配置を舷側装甲の上に甲板装甲をつなげるような概念の配置にしたんだよ。

URL | エリカ #nLnvUwLc | 2013/09/15 22:37 | edit

 

北海で沈んだら、水温の低さから生還はかなりむずかしいです。ドーバーを泳いで横断、なんて時は(水着が進化した現在でも)やはり水温との戦いになるようですし、随伴ボートは不可欠です。

艦と運命をともにした乗組員の生命のみならず、その訓練と維持にかかったコストすべても失われます。不沈はムリであっても、不沈性はとても重要。それが解ってたからドイツ海軍はヴェルサイユ条約で軍艦の数を厳しく制限されても練習帆船を山ほどこさえて海員の維持に努めたんだと思います。

今でも有名な大型練習帆船の半分くらいはドイツ製じゃないでしょうか(最近はグダニスク造船所のが多いですけど)。

なので、「100のダメージに耐えられても10のダメージで戦闘不能になる戦艦」と「10のダメージしか耐えられないが沈む瞬間まで戦える戦艦」は等価ではないです。戦うだけが軍艦の役割ではなく、優秀な乗組員を一人でも多く連れて帰るのも軍艦の使命の一つと思います。

フィッシャー卿はそのへんを忘れていたのか、軽視していたのか・・・?

URL | 雑木林提督 #- | 2013/09/16 07:37 | edit

 

ちゃう。戦えなくなったら帰れないんだよ。ユトラントでは軽艦隊がたくさんいたから戦闘不能でもドイツ巡洋戦艦は帰ってこられた。人的被害がどうのじゃなくて、浮いていても帰れないんだよ。
フィッシャー提督の真意はわからないが、イギリスが25ノット高速戦艦を建造したのを見ると、速度が遅いと戦闘に参加できないのを熟知していたと思うな。防御力が弱くて沈みやすいのは困るが戦闘に参加できないのは存在自体無いものとみなされる局面が海の国イギリスには多いんだろうね。

URL | エリカ #nLnvUwLc | 2013/09/16 09:24 | edit

 

ありがとうございます。先に書いたように思っちゃったのはジェットランドで帰港できたドイツの巡洋戦艦の画像の印象が強いんですよね。あれは正直すごいな、と。

フィッシャー卿の意図がきちんと伝わってたら、英国の巡洋戦艦はドイツの主力艦と撃ち合うのではなくて、巡洋艦などの排除を行ったはずです。でも、あのときはそういう贅沢を言ってられなかったんでしょうね。

URL | 雑木林提督 #- | 2013/09/17 22:12 | edit

 

ユトラントのビーティー隊の大損害の一端は信号ミスかなんかでエバン・トーマス指揮の第五戦艦戦隊が一時離れちゃったこと。合流果たした後は一気にヒッパー隊の旗色が悪くなりました。フォン・デア・タンはその時の命中弾です程なく戦闘能力喪失。あれ?何処かで聞いた展開だな・・・・

URL | エリカ #nLnvUwLc | 2013/09/18 13:14 | edit

 

あー、そんなこともあったんですねぇ・・・なるほど。ジェットランド、というか1次大戦をきちんとおさらいしないといけませんね。

URL | 雑木林提督 #- | 2013/09/20 13:18 | edit

 

数字にまつわる事柄って時々感じるものあります。5と言えば日本の五航戦。この第五戦艦戦隊。WW2のドイツ第五戦闘親衛隊戦車師団ヴィーキングとか。もっといろいろありそうよね。

URL | エリカ #nLnvUwLc | 2013/09/20 18:17 | edit

 

どうでしょう、あまり気にしてませんでした・・・。

URL | 雑木林提督 #- | 2013/09/21 23:12 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://admiralzoukibayashi.blog.fc2.com/tb.php/13-91876839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。