07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

テンプラ提督の航海日誌

役者不足の提督が右往左往する日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

これまでにした作業。 

なにしろプラモデルを作ること自体が約20年ぶりというブランクにくわえて、そもそも作っていた頃もほぼ素組みに塗装してただけだったので、「素組み+由良の特長」というコンセプトで造っていきます。

まぁ、実際に模型を棚か何かに飾って、それを見るときの距離を60cmとすると、1/700サイズでは420m。それだけ離れたフネの索具やら手すりのロープが見えるかと言えば、微妙です(近眼なんです)し、残されてる舷外から全体を撮った写真にもほとんど写ってませんからね。全体の印象と造る本人の満足(ぶっちゃけ、なるべく手を抜いて、おカネをかけずに見栄え良く)を大事にしたいと思います。

やむを得ないときだけディテールアップ・パーツを使いますが、これもなるべく限定的に。例えば、キットの魚雷発射管があまりにも小ぶり(元のキットが球磨型なので、57.7センチ魚雷の発射管)なので、さすがにこれは交換します。

そんなこんなで、とりあえず資料の到着を待ちながら自作・加工したのはこちら。

由良01

艦橋の天蓋はネームプレートから削り出しました。いや、このためにプラバン買いに行くのが面倒で、つい・・・。

カタパルトはジャンクパーツの中から出来の良いのを出してきて、上面にレールがあるっぽく溝を掘りました。

そして、鬼怒の特徴である後檣にあるトラス状のデリックのパーツを棒状に削りました。

使った工具は棒ヤスリ各種と800番の紙やすりでした。


以下に参考文献を列挙します。

海人社「世界の艦船」2012年1月号増刊『日本巡洋艦史』
モデルアート社「モデルアート」2004年9月号臨時増刊『季刊 艦船模型スペシャル NO.13 5.500トン軽巡と水雷戦隊』
雑誌「丸」編集部 『ハンディ版日本海軍艦艇写真集14 軽巡長良型』 光人社、1997年
ほか、艦船模型の入門書など。
スポンサーサイト

Posted on 2014/06/12 Thu. 17:53 [edit]

category: 1/700 由良を造る

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~  -  janre: オンラインゲーム

TB: 0    CM: 4

12

コメント

 

いくらかでも今後キットを製作されるのならプラ版、プラ棒はそれなりに揃える事をおぬぬめします。今は種類も膨大になりましたので大抵用途にあったものを見つけることが出来ます。

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2014/06/13 00:37 | edit

 

アイ、0.2mmのプラバンと1mm角のプラ棒はあります。帆船模型でもプラスチックを使いますから。真鍮線も各種ありますよっ♪ 逆に、プラモに木材が使えないか試すこともありそうですね^^b

URL | 雑木林提督 #- | 2014/06/14 23:17 | edit

 

どうでしょう。目止めの手間を考えると使いにくいのではないでしょうか。
ただし、それは提督の得意とする縮尺率の大きい艦船模型の話です。
縮尺率の小さい軍用車両模型ならどんどん使えますね。載せている木箱などは木材のほうがそれっぽく作れそうです。悪路脱出用の丸太とか^^
もちろんディオラマの資材には欠かせませんねぇ^^

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2014/06/15 09:00 | edit

 

じゃ、野角とか(震え声

ありがとうございます。今日事故って、さっそく悔い改めたので、0.3mmのプラバンを買ってきました。他は必要なときに必要なものを買いましょう。

URL | 雑木林提督 #- | 2014/06/15 19:36 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://admiralzoukibayashi.blog.fc2.com/tb.php/140-213fc940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。