05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

テンプラ提督の航海日誌

役者不足の提督が右往左往する日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

西村艦隊の本当の力! 

あれこれ試して、結局、制空権を捨てて水上部隊での突撃を繰り返した結果、

お姉様頑張る。

なんとかなりました。その間に時雨さんが1レベル、満ち潮さんは2レベル上がってしまいました。

まぁ、そんなこんなで、卯月さんが滞らせていたクエストが出てきて、プチイベ状態です。

で。

今度は榛名さん中心で・・・またここなの?
スポンサーサイト

Posted on 2014/10/30 Thu. 18:58 [edit]

category: 艦これ航海日誌

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~  -  janre: オンラインゲーム

TB: 0    CM: 8

30

コメント

 

スリガオ海峡夜戦、日本海軍が待ち望んだような舞台なのに日本海軍のやりたいような形でやられちゃいましたなぁ・・・・
本隊と砲撃戦になった時、すでに扶桑は無く損傷受けた山城と最上と時雨だけだったのよね。それでも時雨は生き延び、最上も大破して退避出来たって事は・・・・戦果的に言えば前哨戦の駆逐艦の雷撃のほうが威力があるという当たり前の結果でしょうか。

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2014/10/31 09:50 | edit

 

ウンカのごとく押し寄せる魚雷艇、そして水雷戦隊。ジェットランド沖海戦の結果に振り回された結果、最終的には接近戦向けでなかったという扶桑と山城には非情な作戦でしたし、実際、西村提督は自分の艦隊の役割を「敵艦隊の弾薬を一時的に消耗させ、丸腰の状態にして栗田艦隊に引き渡す」ことと理解していたのではないか、そしてその作戦目的は十分以上に達せられていた、と吉田俊雄元参謀が書いておられます。

だとすれば、事実上の特攻だったのかもしれませんね。

URL | 雑木林提督 #- | 2014/10/31 20:34 | edit

 

ちょい待ち、接近戦に向かないって・・・・それ言ったら接近戦向けの戦艦なんて無いでしょ・・・・でも副砲残っている扶桑級の方がまだマシかも?
魚雷艇はあんまり戦果上げてないようですね。やっぱり駆逐艦じゃないとダメなのかも? 地理的に魚雷艇でも戦闘は可能だったのですけどね。

レイテ海戦ではちゃんと戦争したのは西村だけだったという話をどなたかがしていた気がします。もしも、栗田艦隊のレイテ突入が想定のタイミングだったら、挟撃できたのかなぁ・・・もう何十年も前の結果が出ている話なのにもやもやするなぁ・・・

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2014/11/01 23:18 | edit

 

西村提督は魚雷艇の対応に心を砕いたようです。時雨や最上は先手を打って掃討戦をしたと吉田元参謀が書いています。そして、西村提督の戦果はアメリカ水雷戦隊の発射管を空にしたことと、戦艦部隊の弾薬庫を空にしたこと。それで十分だったんですね。

「西村だけだった」と語ったのは小沢提督。この人にこう言われてしまうと、もう誰も何も言えませんね。たぶん、2番目に真面目にやった人ですから。

第2艦隊を、例えば木村昌福提督みたいな人が率いていたら、まっすぐレイテに突っ込んでいったとは思いますけど、それで戦局にある程度さおを差したとして、一体全体、何が変ったのかと考えると、すこしはモヤモヤが晴れますけど、結果を出せなかった、たくさんの犠牲の上で成功しかかった作戦を自らの手で失敗にしてしまった責任者若干一名に対してはモヤモヤを禁じ得ませんね。まぁ、三隈を見捨てて逃げた人ですからね。

URL | 雑木林提督 #- | 2014/11/02 21:31 | edit

 

ザンネンですが戦艦隊の弾薬庫は空に程遠いはずです。艦によっては状況が悪くて二斉射しかしていなかったのもあるので・・・・
栗田さん個人の資質もあるかもしれませんがそもそも日本陸海軍は後世の我々から見るに戦術レベルのことは守り抜くのに戦略目標は平気でほいほい変更するように感じます。だからドイツ機甲軍の戦闘を調べた時の衝撃はそれは大変なものでしたよ・・・

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2014/11/04 16:29 | edit

 

そうでしたか・・・とはいえ、護衛空母を深追いしないで普通に突入してたら、とモヤモヤしてしまいますね。まだ大和が健在でしたから。その後、損傷艦はマニラに避泊しても怒り狂ったハルゼー提督に蹂躙されたでしょうし、健在なら沖縄特攻に知己あわされたでしょうし。結局、何も変らないですかねぇ。

URL | 雑木林提督 #- | 2014/11/09 23:52 | edit

 

長門を忘れちゃいけません。あれはダコタを粉砕する力を持った戦艦です。とは言え6隻相手ではキツイです。金剛と榛名も甲板装甲薄くは無いので善戦するとは思いますが。戦艦と殴り合いの最中に体勢を立て直した護送空母群の反撃でハルゼー艦隊の来援前に決着がつくと小官は考えまする。
史実のレイテ以後のことを考えるとどっちに転んでも最終的な喪失艦艇数や戦死傷者の数も大きくく変わらない可能性が・・・・残っていても無駄っぽい特攻に使いそうだし・・・・

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2014/11/10 12:00 | edit

Re: タイトルなし 

アイ、忘れちゃいませんよ><b とはいえ、その後についてはおっしゃるとおりですねぇ。

URL | 雑木林提督 #- | 2014/11/11 21:07 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://admiralzoukibayashi.blog.fc2.com/tb.php/209-6ace97ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。