07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

テンプラ提督の航海日誌

役者不足の提督が右往左往する日記。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

「ビッグセブン」って何? 

聞いたことはありましたけど、びみょーに内容は知らなかった「ビッグセブン」。

長門さんが連呼するので、しらべて見ました。「はてなキーワード」によると、


海軍休日期の世界七大戦艦のこと。

当時最大口径の40cm(16inch)主砲を誇った彼女らは、第一次世界大戦後から第二次世界大戦前までの間、抑止力を持った戦略兵器として世界に君臨した。

日本  :長門級(長門、陸奥)

イギリス:ネルソン級(ネルソン、ロドネイ)

アメリカ:コロラド級(コロラド、メリーランド、ウェストバージニア)



なるほど。さすが「はてな」、解りやすいです。

でも、ネルソンより大きいのにフッドが入らないということに、微妙なショックを感じております。コロラド級にテネシー級2隻を含めて「ビッグファイブ」なんて呼んでるあたり、アメリカあたりの造語ですね、きっと。

どうもアメリカ海軍って好きになれません。英国人なら「They are overpaid, oversexed, and over here」とかシャレのめすでしょうけど、やっぱり日本での行状やらいろいろあって尊敬できないんですよね。

アメリカ海兵隊には心から尊敬の念を抱いておりますとも!

あ、そういえば、「艦これ」に外国艦が就役準備中だそうですね。
スポンサーサイト

Posted on 2013/10/10 Thu. 16:28 [edit]

category: 艦これ航海日誌

thread: 艦隊これくしょん~艦これ~  -  janre: オンラインゲーム

TB: 0    CM: 13

10

コメント

 

フッドが入らないのは16インチ砲を装備していないからでは?
ウチは格別嫌いな海軍は無いなぁ・・・・・調べるとヘタリア海軍もオフランス海軍もかなり好きになる。
そうそう、籠マストって悪天候で倒壊することあるんだよ!

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2013/10/10 19:58 | edit

 

> フッドが入らないのは16インチ砲を装備していないからでは?

・・・なのです。

URL | 雑木林提督 #- | 2013/10/10 20:50 | edit

 

巡洋戦艦好きな人は戦艦の太った体型があんまりお好みじゃないのではないかと思う今日この頃・・・・・。

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2013/10/11 01:44 | edit

Re: タイトルなし 

うーん、戦艦のほうのR級好きですよ? 小さくても遅くても、ちゃんと働いてる健気さがなんとも言えません。

URL | 雑木林提督 #- | 2013/10/11 10:48 | edit

 

R級は小さくて遅いけど弱くないんだよね・・・ドイツやイタリアの軍艦が(特に戦艦)があんなに速くなければもっと活躍したように思うぞい。

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2013/10/11 21:03 | edit

 

いえ、活躍してますよ。直接砲火は交えてなくても、R級が船団護衛にいれば、ポケット戦艦やシャルンホルストはあきらめて逃げます。戦わずして勝つってやつです^^b

URL | 雑木林提督 #- | 2013/10/12 09:59 | edit

 

ポケ戦は逃げますが、シャルンホルストとグナイゼナウの戦隊はマレーヤが護衛についていても仕掛けましたねん。作戦が上手く行かずに諦めたけどね。あの時にR級だったら危なかったかも知れません。
そもそもポケ戦はポケ戦だし。

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2013/10/12 21:21 | edit

 

あ、あれマレーヤでしたっけ(汗

まぁ、でも、クイーン・エリザベス級も好きですよ(英国フィルターのせい?)。外国艦が今回みたいな小出し実装で来るなら・・・QE級やR級の出番は無さそう・・・;;

URL | 雑木林提督 #- | 2013/10/12 23:03 | edit

 

WW2のドイツ戦艦は逃げる印象多いけど調べるといろいろあって一概に逃げの一手って訳じゃないです。
QE級はWW2タイプも好きだけど第五戦艦戦隊のWW1の時も好きですね。
どの艦もかなりの損害受けましたが、その勇戦奮闘はスゴイものでした。

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2013/10/13 02:23 | edit

 

英国海軍の「見敵必戦」はロマンでさえありますねぇ・・・対するドイツ海軍の巡洋戦艦やポケット戦艦の用兵思想はブランデンブルグ海軍の伝統があるのかも。

というのはPotBSでお世話になったフリードリヒ・ウィルヘルム・ズー・フェルデ号がまさに「戦列艦には速力で、フリゲートには火力で勝る」コンセプトで造られて、まさに後世のポケット戦艦のような通商破壊戦を大西洋でやってるんです。

このへん、体系的な読み物があったら関心があるんですけどねぇ。

URL | 雑木林提督 #- | 2013/10/14 01:10 | edit

 

WW2のドイツ海軍は単に数が無いって言えると思うの。戦艦4つ・・・・。
ポケ戦は自分で言ったようなトコあるけど戦力としてはほぼ重巡(後に正式に重巡に類別)、しかし、政治的には戦艦なので喪失した時のダメージ?も戦艦。あぁ・・・

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2013/10/14 01:26 | edit

 

戦争は数が勝負ですからね・・・衰えたりといえど、英帝。

二次大戦のドイツ海軍は連合国以外にも、背中にも最大の敵を背負ってたハンデががが。ここで一気に踏み込めば、って時に踏み込めなくなったのものそのへんですよね。

プリンツオイゲンさんが長門さんの隣にいたとき、ずーっと愚痴ってたかもしれません。

URL | 雑木林提督 #- | 2013/10/14 19:21 | edit

 

ビスマルクの戦い、ライン演習の時の総統閣下はかなり的確な判断していたらしいです。調べてみると意外ですよん。
海軍にとってガンは総統閣下より国家元帥閣下かもしれませんねぇ・・・・空軍にとってはガンどころじゃないですけどね

URL | さわ まもる #nLnvUwLc | 2013/10/15 00:33 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://admiralzoukibayashi.blog.fc2.com/tb.php/29-f8a5fb28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。